販売促進品には様々あります

販売促進品は自社製品をアピールしたりするために作られて配布されています。一般的なものでは、社名入りのボールペンやタオルやうちわなどがありますが、最近は種類が増えています。若干価格が高くなりますが、USBなどもあります。実用性が高いものにすることで、目に付きやすくなりアピールできるということでこの製品にしている会社もあります。そして、単価が安く大量に作るのであればうちわがあります。夏に配布することが多いのですが、それ以上に商品名や会社などの情報を記載できる部分が多いのがメリットとなっています。それ以外にも、クリアケースなども印象が強く、普段から使ってもらえるものになります。それ以外にも、イベントの時限定で配布する物を作ってもいいかもしれません。やはり、インパクトがあったり実用性が高いものが販売促進品には向いています。

販売促進品から得られる効果

企業は、自社の商品やサービスをより多く販売して、利益を上げることを目的としています。自社商品を如何にたくさん売るかについては、営業や販売に力を入れるだけでは無く、それらを支援する販売促進業務も必要です。販売促進は、既に掴んでいる顧客を離さす、顧客になりそうな人、さらには不特定多数の人を取り込んでいかなければ市場は開拓できません。社内的には新しい商品の特徴や強みなどのセールスポイントの研修を行いますが、対外的に有効なのが販売促進品です。消費者に対して、試供品や、ノベルティを提供したり、景品や割引またはキャンペーンなどを実施して顧客の購買意向を促進し、商品購入につなげる効果が期待できます。新商品の告知のほかに、自社の認知度もアップできますし、販売促進品をきっかけに商品を選んでもらい、集客から顧客の囲い込みにつなげることができます。

商業施設で配る販売促進品

これから少しづつ気温も高くなり、春の息吹が芽吹く季節になって来ました。桜の開花ももうすぐですし、春休みはもうすぐそこまでやって来ています。休日だけでなく、平日にお子様を連れて、商業施設内でお買物するご家庭も多くなってくるでしょう・企業にとっては呼び込みするには良い時期ですね。3月は決算月でもありますから、駆け込み需要も必要になってくるでしょう。お客さんを呼び込むのにも、春休み期間のイベント開催は重要な要因になってくるでしょう。お客さんを呼び込むには、イベントだけでは心を掴めません。もうひと押し、サプライズとしてプレゼントが必要です。会社の名前が入ったボールペン一つでも大丈夫です。そこは重視して、便利でデザイン性のある、販売促進品を注文しましょう。デザインが良ければ得した気分になりますし、機能性が良ければちょっとした普段使いについつい使ってしまいます。