春の行楽に備えて販売促進品を

春の行楽に備えて販売促進品を補充している企業も多くいるのではないでしょうか。春と言えば、進学や就職などで環境が変わる人々が沢山いらっしゃいますから、企業のどの分野でも、お客を抱え込むチャンスの時期でもあるでしょう。例えば、一人暮らしを始めるならば、家電は一式揃えなければなりませんし、その前に不動産を探さなければなりません。この時点で二つの企業がもうすでに需要を成している訳です。銀行なども新規契約に向けて、色々な販売促進品を用意して、お客様獲得しなければならないでしょう。マイナス金利で箪笥貯金の方がまだマシだと、預金を渋るお客さんもいるとかいいないとかで、金融業界は新規顧客獲得はいばらの道かも知れませんから、LINEなどで企業キャラクターもより身近になっていますし、販売促進品もグレードを上げた方がよいのではないでしょうか。

販売促進品を決める重要なポイント

販売促進品を決定する上でとても重要なポイントはもらって嬉しいと思ってもらえるかどうかということです。予算があってその予算内でできるだけ多くの販促品を買い揃えようと考えたら、その条件だけで商品が決まってしまいそうですが、それでは顧客満足にはつながらないし、販売を促進させる効果も薄くなってしまうでしょう。商売の原則は顧客満足です。最近は単なる満足ではなく感動を伴った満足度合が試されていると言えます。販売促進品と言えどもそれなりの効果を狙うとすれば、それなりの予算が必要になります。競合他社と比較して考えた場合、顧客もしくは見込み客がこちらを振り向いてくれるようなインパクトのある販促品を選定することは、商品を販売することよりも難しいかもしれません。それくらい気持ちを入れて販促品の選定には魂を入れなければなりません。

販売促進品を選定する場合の考え方

販売促進品を選定する場合に、企業がどのような考え方を持って販促品の商品を選定するのかが重要になります。販売する商品とケンカしない販促品が求められると同時に、全く不要なものを選定することはあり得ません。ただでもらうにしても、顧客の目は厳しいと判断するべきでしょう。販促品のセンスの良さや満足度が販売する商品のセンスや満足度に置き換えられることを認識するべきです。大阪商人の言葉に「損して得取れ」というフレーズがあります。販促品で損をしても満足してもらった顧客が本来の商品を購入してくれることで利益を得ようという考え方をするのが全うです。営業サイドでは利益だけを得ようと考えがちですが、戦略としては損をしてでも顧客に満足感を与えることは有益と考えられます。そのための予算をしっかりと捻出することができる企業だけが裏切らない顧客を獲得することができるのではないでしょうか。